So-net無料ブログ作成
検索選択

プロレイザーとプロレイザーミニの使用感 [ADA]


我が家には、ADAのプロレイザーとプロレイザーミニがあります。
_DSC6370.jpg
高価なので、あまり使わない方にとっては敬遠されるグッズかな?と思います。
しかし、使ってみるといろいろ重宝することが多い便利なグッズです。
ガラス面に付着した苔をそぎ落としたり、
白くカサカサになった水垢をそぎ落としたりするのにも使用できます。
_DSC6361.jpg
まず、どちらを購入したらよいのか迷うと思うのです。
どちらでも汚れは落とせるのですが、
プロレイザーの方が水に手を入れなくてもゴシゴシできるので使いやすいと思いました。
_DSC6359.jpg
サイズも大きいので、一度にたくさん落とせます。
全然楽です。
_DSC6360.jpg
ただ普通のアクアリウムの道具の感覚からすると値段がネックかな?と思います。
オールガラス水槽には向いているグッズだと思います。

創造の原点 天野尚さん 作品集 [ADA]


8月に亡くなられたADAの天野さんが作品集を出版されました。
_DSC5762.jpg
天野さんの生涯が一冊にまとめられています。
大きさの割に、本は軽いです。
つい買ってしまいました。

スプリングウォッシャーS [ADA]


バイオレットグラスを洗う時、エーハイムのホースクリーナーを愛用していたのですが、
かなりいたんできたので、ADAのスプリングウォッシャーSを購入してみました。
_DSC5176.jpg


全体像です。
_DSC5174.jpg


先端部分をアップにしてみます。
_DSC5175.jpg


中身を取り出してみました。
_DSC5177.jpg


ガラス管に入れるとスッと入り、スムーズに作業を行うことができます。
_DSC5184.jpg


金属でできているのですが、適当な重さがあり、動きはなめらかで上品です。
_DSC5185.jpg


もっと早く購入すればよかったと思いました。
_DSC5186.jpg
我が家のADAのポピーグラス&バイオレットグラスは、
週1でホースクリーナーで汚れを簡単に落として使用し、
月1でスーパージー(またはハイター)につけて使用しています。

APグラス [ADA]


人工飼料をあげる時に使いやすそうなので(それに、丸くてかわいい形に惹かれました。)、
ADAのAPグラスを購入してみました。
IMGP5691.jpg


説明書とADAの人工飼料(AP-1とAP-2)が付属していました。
IMGP5690.jpg


しかし、私は、ザリガニのエサを入れてみました。
IMGP5694.jpg
その時に一瞬、「ADAとザリガニ」って合わないのではないのかな?と、思いました。
案の定、嫌な予感は的中しました。小さな粒でないと出てこないみたいです。


ガ~~~~~ン[むかっ(怒り)]


次に、ディスカスのエサを入れてみました。
IMGP5695.jpg
今度は、使用することができました。
でも、カラシンのエサ用だと思った方がいいと思います。
シャープペンのようにカシャカシャ押して、エサを落とすので、スムーズにあげられそうです。
使う分だけグラスに入れるので、清潔感はあります。
割とエサを短期間に使い切ったりできる人向けの商品かな?と思います。

ポピーグラス(吸水) [ADA]


アンモ君水槽のフィルターのパイプをガラス製にしてみることにしました。
カタツムリの粘液がガラス製なら少しはつきにくいかなぁと思うのです。
タティアさん水槽のバイオレットグラスをこちらに設置し、もう1つは足りないので購入です。
IMGP5539.jpg
今度は、掃除がやりやすそうなので、ポピーグラス(吸水)にしてみました。
パイプ部分は専用のブラシでこすれば、ほとんどきれいになりますし、
タマネギみたいな丸っこい部分だけをスーパージーにつければいいかな?と思いました。


やっぱりガラス製品はきれいですね。
DSC_3880.jpg
アンモ君の丸っこい感じとタマネギ型が似ていて可愛らしいです。

エクステンダー [ADA]


プロレイザ-ミニの柄の部分が少し短いので、いつも水槽の中に手を入れて掃除をしていました。
少し迷ったのですが、試しに柄の部分を長くするパーツを購入してみることにしました。
P6010142.jpg
ADA エクステンダーです。


プロレイザ-ミニにも使用することができます。
P6010143.jpg


つなげてみると、50㎝はあると思います。
P6070234.jpg
結構長いです。


柄の部分は、鉛筆のように六角形になっていて、ネジで締めるだけです。
P6070235.jpg
(まだ少ししか使ったことがないのですが・・・・。)
つなげた感じは、ちょっとぐらぐらする時があるも知れないです。


でも、使ってみるとまぁ使いやすいかな~?と思いました。
P6070236.jpg
しばらく使って様子をみたいと思います。

OLYMPUS STYLUS XZ-2

キューブグラス 20㎝ [ADA]


稚貝さんたちのために、プレたまごさん水槽を立ち上げてみました。
DSC_3447.jpg
ADAキューブグラス 20㎝です。(ちなみに、アクアパークさんで2070円でした。)
ガラス蓋用の透明なプラスチックのフックが付属しています。
しかし、マットとガラス蓋は、付属していませんでした。


コトブキのクリスタルキューブ(20㎝)は、付属品が親切設計で全てそろっているので、
お買い得感が高いです。
P5180882.jpg
でも、あえてADAにしたのは、小さい水槽なので、そんなに高くなかったこともありますし、
ガラスの接着部分が、やはり丁寧なことがポイントになりました。


キューブガーデンに比べ、ガラスが青いです。
P5180886.jpg
シリコンはしっかり目につけられていますが、まっすぐに薄く貼り合わされています。
とてもきれいだな~と思いました。


飼育環境は、
水  槽   :ADA キューブグラス20㎝
フィルター :テトラ ブリーティングフィルターS
床  砂   :津軽 プレミアム (株)ストーンディーラーシンセー
ラ イ ト  :ゼンスイ LED LAMP 30㎝ 
ポ ン プ  :水作 水心 SSPP-3S
アクセサリー:サンゴ(中)1個 
水  草   :ミクソリウム、クリプトコリネ・アフィニス(葉っぱの切れ端)             
※ヒーターは、この時期なのでつけていません。
                                             です。  

サテライトが、個人的には1番孵化させやすいのですが、
 ①掃除がしにくいこと。
 ②魚ではなく、貝を育てるということ。
 ③非常に数が多いこと。
・・・というようなことを考えると、稚貝さんたちが孵化した場所から動き出す前に、
引っ越しさせておきたいと、少し前から思っていました。
P5180888.jpg
もしかしたら、これを機に全滅することもあるかと思ったのですが、この方が手入れが楽なはずです。
自然に近い状態で、すくすく育ってほしいと思います。
うまく行きますように・・・!

ADAのカタログ [ADA]


先日、いつもよく行くショップに行った時に、ADAの今年のカタログをいただきました。
P5050422.jpg
ちょっとした図鑑のような本でした。
器具の紹介と共に、美しい自然界の一部を切り取ったような写真が加えられていました。
また、欲しくなっちゃいました。

OLYMPUS STYLUS XZ-2


バイオレットグラス 吸水用 VV-1&VV-2 [ADA]


我が家の水槽のフィルターには、メタルジェットパイプ(吸水)とポピーグラス(出水)を使用しています。
IMG_2961.jpg
交換してから1年ほどが経ちます。交換する時は、かなり色々悩んだ末の購入になりました。
その理由は、
  ① 値段が高い。
  ② ホース部分にガラス製を使うことに不安を感じる。
  ③ メンテナンスが難しそうである。
ということからでした。


1年ほど使ってみての私の感想です。
①ポピーグラスは、丸いのでメンテナンスしやすく、意外と丈夫だった。
 たぶん、ホースを外してのメンテナンスを一度もしなかったので、割れなかったということもあると思います。
 スーパージーを使用せずに、スポンジでこすって汚れを落とすだけできれいになりました。

 
②メタルジェットパイプは、先端部分が外せるので使いやすかったのですが、
 1台は購入後1ヶ月で、その部分が壊れてしまいました。
 DSC_6799.jpg
そして、もう1本も1年もたたないうちに同じ状態になってしまいました。
内側部分をホース用のブラシでゴシゴシしたのが原因かな?と思います。
私自身の扱い方も、ちょっと荒かったのかも知れません。
先端部分のかみ合わせも、製品によって、硬いものや緩いものがあるようです。
「手作り感、満載」といったところでしょうか?
個人的には、ステンレス製なのでずっと使えるかな?と思って購入したのですが、
早く壊れてしまったので、ちょっとがっかりでした。
DSC_82041.jpg
修理可能らしいのですが、何かいろいろあるようですし・・・・結構かかるようだったので、
バイオレットグラスを使ってみることにしました。


1本は、長めのVV-2を使用します。
DSC_8276.jpg
60㎝レギュラー水槽の底の方まで長さがあります。
(個人的には、こちらの長さの方が今のところ好きです。)


もう片方には、VV-1を使用します。
DSC_82772.jpg
大体、水槽の半分くらいの長さです。
水草を植えたり、ソイル使用の方は、レイアウトによりこのくらいの方が使いやすいのかな?と思いました。
でも、水替えの時はもう少し深い方がやりやすいかな?と、個人的には思うのですが…。


ホースは、とりあえず、使用していたものをそのまま使うことにしたので、
ホースバンドでとめておきました。(1個80円くらい)
DSC_8275.jpg
どちらがいいのかは、まだわからないのですが、しばらく使ってみたいと思います。

プロツールバッグ [ADA]


水槽の掃除の時には、重宝するかもしれないグッズを購入してみました。
DSC_8166.jpg
ADAプロツールバッグです。(3500円くらいだったと思います。)


まだあまり使っていないのですが、割と使い勝手はよさそうな感じがします。
DSC_8195.jpg
即乾性の材料が使われているようです。
長いサンドフラッターもすっぽり入りました。


ウエストに、ベルトを調節して装着します。
DSC_8199.jpg
体に身に付けると、意外と小回りがきいて便利です。


部品取り付け金具は、金属でできています。
(…と思ったのですが、よく見るとプラスチックかな?・・・・よくわかりませんでした。)
DSC_8198.jpg
しばらく使ってみたいです。