So-net無料ブログ作成

口を開けっ放しのナイスニーさん、その後 [アピストの仲間]


月曜日からずっと口を開けっぱなしでいたナイスニーさんが、
仕事から帰ってきてみたら、エロモナス病にかかって倒れていました。
P7280010.jpg
何かおかしいとは思っていましたが・・・。
息苦しそうにしていましたが、あっという間に★になってしまいました。
残念です・・・・・。
さて、アガジシイさんのメスが婚姻色になってきました。
P7290033.jpg
輝いています。
メスは、黄金のようなイエローになるときもあるのですが、
普段は、地味なフナみたいな色をしているのです。
_DSC5312.jpg
こんな風に・・・・。
おもしろいですよね~!
P7290035.jpg
全く違った魚のようです。
地味な黒っぽい色の時と黄金の輝きのイエローの時があるんですよ~。

OLYMPUS PEN E-P5 + 60㎜マクロ [カメラ]


昆虫撮影では、オリンパスのカメラを使用している方が結構います。
魚のたまごや稚魚の撮影が難しく、なかなかうまくいかなかったのですが、
オリンパスのカメラは、もしかしたら、マクロ撮影がしやすいかも!?と思っていました。
そこで、「E-P5」が安くなってきたので、何とか奮発して購入してみました。
_DSC5630.jpg
オリンパスのカメラを選んだ理由は、
  ①まず、医療分野でもよく使われているらしいということ。
  ②昆虫撮影など小さな生き物を撮影している方が多いこと。
  ③コンパクトカメラ XZ-2 を使ってみて、マクロ撮影がとてもやりやすかったこと。
_DSC5629.jpg
ピントの合わせ方が独特なのですが、これがすごくやりやすいと思いました。
OM-Dの方が性能はよさそうだったのですが、デザインが気に入り、
迷わずこちらにしました。レトロな感じがいいですね。
_DSC5634.jpg
内蔵フラッシュも付いています。
操作系はシンプルですが、やはり独特な感じです。
_DSC5640.jpg
15mmF8のボディキャップレンズが付属していました。
独特な雰囲気のあるレンズです。今度撮影したものをアップしますね。


M.ZUIKO DIGITAL ED60mm f2.8 Macroです。
_DSC5646.jpg
とてもコンパクトで、ヤクルトのジョアのサイズです。
フィルム時代のオリンパスのOMシリーズを思い出しました。
_DSC5648.jpg
軽くて、コンパクトです。それでいて、高性能!!


E-P5 + M.ZUIKO DIGITAL ED60mm f2.8 Macroで撮影した写真です。
P7280009.jpg
ピントもスムーズに合い、撮影しやすかったです。


これからも、よさそうな写真が撮れたら、どんどんアップしますね。
P7280010.jpg

口を開けっ放しのナイスニーさん [アピストの仲間]


久しぶりに水槽の大掃除をしたせいなのか?わからないけれど、
水を替えたら、ナイスニーさんがず~っと口を開けていました。
_DSC5586.jpg
なぜでしょう!?


どうしたのでしょうか?
_DSC5588.jpg
苦しいのか?・・・・・・・・。
気持ちいいのか?・・・・・・・わかりません。


この子(メス)も、口を開けていました。
_DSC5589.jpg
もともといつも口を開けているのでしょうか?
タティアさんみたいに・・・。


口を大きく開けているので、お腹の中まで見えていました。
_DSC5600.jpg
おもしろいです。

NIKON D7000 + AF-S NIKKOR 50mm1.8G

床砂の清掃 [ホルスタインタティア]


今日は、久しぶりに床砂の清掃をしました。
_DSC5592.jpg
田砂はとてもきれいなので、水ですすいでもそんなに濁りませんでした。


もっと汚れているかと思ったのですが・・・。
_DSC5595.jpg
アンモ君水槽の床砂を見ているので、そう思うのかも知れません。

NIKON D7000 + AF-S NIKKOR 50mm1.8G

ジェックス 砂利クリーナー POWER [器具・メンテナンス用品]


床砂の掃除で愛用しているGEX ラクラク「砂利クリーナー」です。
_DSC5188.jpg
60㎝水槽までなら、こちらのタイプで十分なのですが、
ホースが細く短めです。


今回は、これのビッグバージョンがあるので、試しに使ってみることにしました。
_DSC5523.jpg


中身は、こんな感じです。
_DSC5522.jpg


普通バージョンとは、サイズ違いになります。
_DSC5524.jpg


約2倍近いサイズになっています。
_DSC5525.jpg


ホースも太くなっています。
_DSC5526.jpg


ポンプも大きいです。
_DSC5528.jpg
使ってみた感じは、大きなサイズのものの方が断然使いやすかったです。
   ①ホースが長く、安定感があること。
   ②パイプが太いので、砂が詰まりにくいこと。
   ③水がスムーズに吸い込まれていくこと。
今度から、こちらにしていこうかな?と思っています。


クロスフロー ベーシック  水作 [器具・メンテナンス用品]


先日、アンモ君水槽に冷却ファンを取り付けました。
_DSC5520.jpg
コトブキ スポットファン202です。
これを選んだ理由は、本体が水槽の外にあるため、
ファンが痛まないのではないか?と思ったのです。
これは、以前に購入しておいたものです。


タティアさん水槽にも、冷却ファンを・・・と思っていました。
DSC_4509.jpg
今まで使った中では、テトラのダブルクールファンCF-60WNかな?と思っていました。
ただ水槽に取り付ける時の金具が、すぐに錆びてしまったことが気になっていました。
(デザインも風量もよかったのですが・・・。)


予算のこともあるのですが、セールで安かったので、
今回は、クロスフロー ベーシック(水作)を使用してみることにしました。
_DSC5504.jpg


中身は、こんな感じです。
_DSC5506.jpg
小さなクーラーみたいな形をしています。


ファンは、扇風機ではなく、エアコンと同じような形です。
_DSC5511.jpg


ダイヤルで風量の調節もできます。
_DSC5516.jpg


取り付け方も簡単でした。
_DSC5521.jpg
今までの冷却ファンの中で、1番風量が強いような気がします。
3℃程下がり、30℃以下をキープしていました。
今年の夏は、これで大丈夫かな?と思っています。

コトブキ スポットファン202 [器具・メンテナンス用品]


お久しぶりです。いかがお過ごしですか。

最近体調があまりよくなかったので、
我が家のおさかなさんたちのお世話もあまりできずにいました。
_DSC5476.jpg
ホルスタインさんとタティアさんは、
相性がよくほとんど違和感なく自然に過ごしています。
ホルスタインさんは、すご~く大きくなってきました。
(現在、我が家には2ペアいます。)


残念なお知らせなのですが、7月のある日(気温が急に上昇した日)、
3匹のおさかなさんたちが旅立ちました。
_DSC5478.jpg
ブラックモーリーさん


ゴールデンレオパードタティアさん(2匹)です。
_DSC5479.jpg
体の小さかった2匹が★になりました。
もっと長生きさせられたはずだと思うので、反省しています。


暑さ対策のために、冷却ファンを設置しました。
今回は、アンモ君水槽に「コトブキ スポットファン202」を使用してみます。
_DSC5520.jpg
いろいろなタイプのファンを使用してみているのですが、
どれも「これ!」というものがなく、試行錯誤です。
「本当にこれで温度が下がるのかな?」と思ったのですが、
意外にすぐに下がりはじめ、3度位下がりました。
日中使用しているのですが、30℃以下をキープしてます。
(29.5℃とか・・・)
何とか厳しい暑い夏を乗り切っていきたいです。